いびきをかかない方法女性であごが小さい場合は?

スポンサーリンク

あごが小さい場合も、いびきをかいてしまう原因になります。

そんな、あごが小さい女性でも、いびきをかかない方法ってあるのでしょうか。

あごが小さい女性がいびきをかかない方法についてお伝えして行きます。

 

女性であごが小さく、いびきをかく人がここ最近増えています。

あごが小さい原因は、遺伝と現代の食生活の変化があるようです。

遺伝であごが小さい

顔の骨格は遺伝します。

生まれつきの骨格であごが小さい人がいます。

食生活であごが小さい

食べやすさや固い食べ物を避ける現代の食生活で噛む力が弱くなっている人が増えています。

そのためにあごの発達が未発達であごが小さい人が増加しているのです。

子供の頃から柔らかいものを好んで食べ、普段固いものを避けている人は要注意です。

真横から見て、顎が後ろに後退している人も注意が必要です。

それでは、あごが小さい人がいびきをかく原因を見て行きましょう。

女性であごが小さいひとがいびきをかく原因って?

あごが小さいと、噛む力も弱くなります。

噛む力が弱いと、顎周りの筋肉が弱くなります。

顎周りの筋肉が弱いと睡眠時に舌を支えられず、喉の奥へ落ち込んで気道を狭くしてしまうのです。

また、顎が通常より後ろに交代しているので、日頃から気道が狭い傾向にあります。

気道が狭いといびきをかきやすくなります。

女性であごが小さい人がいびきを治す方法

女性であごが小さい人がいびきを治す方法を詳しくお伝えしていきたいと思います。

あごの筋肉を鍛える

食事をするときよく噛んで食べるように心がけたり、

あごを鍛える体操をすることが大切です。

いびきを治す体操で有名なものに『あいうべ体操』という体操があります。

口周りや口の下の筋肉を鍛えることで、いびきが改善されるという体操です。

1.口を大きく開いて「あー」という。

2.口を大きく横に広げて「いー」という。

3.口を前に突き出して「うー」という。

4.舌を突き出して、下に伸ばして「べー」という。

これを4秒ずつ1セットで、30セット繰り返すのを目標にやっていきます。

疲れそうなので、朝昼晩にわけるといいかもしれないですね。

マウスピースを使用する


いびきが軽度なら、マウスピースを使用することでいびきを治す方法があります。

マウスピースには、オーダーメイドのものや、市販されているものがあります。

市販のマウスピースはこちらでも売っていますよ。
↓↓↓
【 歯ぎしり マウスピース 】(楽天)
ただし、マウスピースはいびきを防止するだけで根本的な解決にはなりません。

手術をする

根本的に治すには後退した顎を前に出す手術をする必要があります。

顎の骨を前に伸ばしていく骨延長術という手術は、全身麻酔で入院も必要です。

手術費用は3割負担で、約40万円程度となります。

日常生活は普段通り行えますが、歯列矯正が必要になってくるので、治療は長期間にわたります。

手術をしなくても簡単にいびきをかかなくする方法

手術をしなくても簡単にいびきを治せる、

私の母や子どもも実感、いびきをかかなくなる秘密の方法、限定公開中!

詳しくはこちらの記事に書いてあります。
↓↓↓


カンタンにできるいびきをかかない方法限定公開中!

スポンサーリンク

関連記事

NO IMAGE

いびきをかかない方法女の子篇~子供のいびきの悩み

NO IMAGE

いびきをかかない方法、女性に効く市販薬って?

NO IMAGE

いびきをかかない方法、女性50代はどうしたらいい?!

NO IMAGE

いびきをかかない方法女性、体操で治せる?

NO IMAGE

いびきをかかない方法、女性やせ形篇

いびきをかかない方法、女性のいびき原因って?

いびきをかかない方法、女性のいびき原因って?