いびきをかかない方法女の子篇~子供のいびきの悩み

いびきをかかない方法女の子篇です。子供のいびきの悩みを抱えている人も少なくないと思います。

子供がいびきをかかない方法って探してもなかなかいい方法が見つからないんですよね。

特に女の子となると大人になってもこのままなんじゃないかって悩んでしまいますよね。

そんな方のために女の子のいびきをかかない方法をお伝えしていきます。

 

まずは、女の子がいびきをかく理由についてお伝えして行きます。

子供がいびきをかく理由はおもに、鼻疾患や扁桃腺の異常、骨格に原因があります。

原因ごとに詳しく見て行こうと思います。

鼻疾患

鼻疾患とは、いわゆる鼻水や鼻づまりのことです。

なんと、鼻づまりで耳鼻科を受診する子供は全体の40%にもるそうです。

鼻炎持ちだったり、鼻がつまっている子供はいびきをかいてしまうのです。

扁桃腺の異常

扁桃腺の異常というのは、主にアデノイド肥大と、扁桃(口蓋扁桃)肥大とがあります。

アデノイド肥大は、鼻から喉の奥に当たる上部にある「アデノイド」という器官が通常より大きい状態のことをいいます。
アデノイド肥大はこども特有の病気で、何が原因で大きくなるのかはっきりとわかっていないそうです。

扁桃肥大は、扁桃腺と呼ばれる喉の両側にある器官が肥大している病気です。

アデノイドも扁桃腺もこどもの頃に最も大きく、その後は徐々に小さくなっていく器官です。

ですので、成長と共にいびきをかかなくなる子供もいます。

骨格

これは大人でもありえることなのですが、骨格が原因となり、いびきをかいてしまう場合があります。

主に、あごの骨格が生まれつき小さかったり、歯並びが乱れている子供はいびきをかきやすいようです。

成長と共に改善されていけばいびきをかきにくくなったりもしますし、

歯並びの場合は歯の矯正で改善される場合もあります。

手術を受けたら治るって本当?

いびきは手術を受けることで治す事が可能です。

手術時期は、アデノイド肥大や口蓋扁桃肥大の時期である3~6歳に行うことが多いようです。

手術をする際は全身麻酔を行い、入院期間は約1週間程とのことです。

3~6歳の子供に全身麻酔って結構抵抗がありますよね。

特に無呼吸症候群などで困っているわけではない場合、

将来を心配して全身麻酔をするべきか悩む親も多いのではないでしょうか。

その他にも保存的療法という方法がありますので、そちらについてもお伝えして行きたいと思います。

保存的療法

保存的療法はアレルギー性鼻炎やアデノイド肥大に対して投薬を行います。

最近の研究で、アレルギー性鼻炎の改善やアデノイドの縮小が報告されているそうなんです。

保存的療法よりさらに簡単にいびきをかかなくする方法があるんです。

女の子がいびきをかかなくする方法とは?

女の子がいびきをかかなくする方法で一番簡単なのが、

私の母や子どもも実感、いびきをかかなくなる秘密の方法、限定公開中!

この記事の方法です!
↓↓↓

カンタンにできる子どもがいびきをかかない方法限定公開中!

関連記事

NO IMAGE

いびきをかかない方法、女性に効く市販薬って?

NO IMAGE

いびきをかかない方法女性であごが小さい場合は?

NO IMAGE

いびきをかかない方法、女性50代はどうしたらいい?!

NO IMAGE

いびきをかかない方法女性、体操で治せる?

NO IMAGE

いびきをかかない方法、女性やせ形篇

いびきをかかない方法、女性のいびき原因って?

いびきをかかない方法、女性のいびき原因って?